忍者ブログ
エデンに響き渡るのは、焦がれた声。
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■東のエデン/滝咲
※劇場版Ⅱの後(ED後)のお話です。ご注意ください。

ご覧になる方は、「つづきを読む」からお願いします。

ご褒美、いる?



カタカタ、…カタ。
キーボードの音が止む。
仕上げに流し読みをして、内容に不備がないか確認する。誤字脱字がないか文章を目で追ってから、咲は最後にファイルを保存した。

「…おしまい!」
「終わったの?」
「うん、終わったよ」

椅子の背もたれに体重を預け、うーん、と伸びを一つ。
長時間、PCと向かい合っていると、同じ姿勢になりがちなので、一段落つくとどうしても身体のあちこちが動きたがる。
そんな咲の様子を見て、ソファに座って雑誌を広げていた滝沢は微笑んだ。
名残惜しげもなく雑誌を閉じて立ち上がると、咲の元までやって来た。

咲の隣まで来て立ち止まると、両のポケットに手を入れる。
小首を傾げて見守る咲に、滝沢は二つの拳を差し出した。

「どっちがいい?」
「え?」
「どっちかがハズレで、どっちかが当たり」
「…ハズレを選んじゃったら、どうなるの?」
「さぁ?」
「教えてくれないんだ…」
「でも当たったら、たぶんいいものがあるよ」
「ほんとう?」
「ん。たぶんね」

咲はじっくり滝沢の拳を眺めて、しばしの間悩む。
そして、こっち、と右の拳を指差した。
上目遣いに滝沢を見上げて、その答えを待つ。
彼は無言のまま、ゆっくりと手のひらを開いた。

開かれた手のひらには、ちょこん、と飴玉がひとつ。

「疲れた時には甘いものって言うし、とりあえず」
「あ、ありがとう。…これ、当たり?」

飴玉を受け取り、やや不安そうに問いかける咲。
それはどことなく、腑に落ちない、という表情だ。

滝沢はその視線を受け流して、何も言わないまま、もう片方の手を広げる。
そこには、違う種類の飴玉がひとつ。
それを見た咲は、益々よく分からない、という顔をして、滝沢を見上げた。

「どっちも飴?」
「うん」

あっさり頷いて、滝沢は自身が持ったままの飴玉の包みを開けて、口の中へ放り込む。
彼の考えが分からず、咲は戸惑ったものの、何をどう言えばいいのかも分からない。
受け取った飴玉に視線を落とし、お腹が減っている咲は、滝沢に続いて飴玉の包みを開けようとする。

「咲、」

けれど、滝沢に呼ばれた。
俯いていた顔を上げると、いつの間にか、前屈みになった滝沢と目が合う。

黒く澄んだ瞳に映る、自分。
ぱちり、と瞬いて、声もなく硬直。

近すぎる滝沢にドキリとした瞬間にはもう、唇が触れていた。

「…、ん、」

触れた唇が、濡れる。
滝沢の舌がそろりと咲の歯列を割って入り、何かを残して出て行く。
去り際に、ぺろり。唇を舐められて、咲は切なそうに息を零した。

ふ、と微笑んで唇を離した滝沢を、ぼうっとしたまま、見つめる。
悪戯っぽく微笑んでいる滝沢が、ポケットに手を突っ込んで、弾む声で訊いた。

「当たりだった?」
「…、そんなの……」

ずるいよ、と呟いて、咲が俯く。
そうかもね、と明るく笑った滝沢には敵わない。
こころを鷲掴みにされて、もう、どうにもできない。どうにもならない。

ぽん、と滝沢が咲の頭を撫でる。
咲は口移しで受け取った飴玉をころころと転がしながら、手のひらの中の飴玉に視線を落とし、恥ずかしそうに口を噤んだ。

■END

お久しぶりですー! …たぶん? ついったー眺めてくださった方は全然お久しぶりじゃないかもしれませんね。(汗)ついったーで私うるさいですから…。

問い:どうして書いたの?
答え:半分脱稿したので。

というわけで、哀華さんのお仕事はおおまかにおしまい…かな?
原稿は既につきねこ様へ送付済みです。何もなければこのまま…何かあれば、喜んで書かせていただきます。
まだ後書きを書いてないので脱稿はしきってないのですが(つきねこさんに突っ込んでもらうまで後書きを忘れてました。笑)
とりあえずは、一段落。原稿は。現実はあんまりそうもいかないんですけど…^^;
ともあれ、あとは修正依頼やGOサインいただくまで、私は基本、待機です~。

そういうわけでっ! 半分脱稿わーい、殴り書きをお届けしました。(意味が分からない。笑)

久しぶりに何も考えずに書いた感じです。
ちょっと、脱稿気分の自分にご褒美を…。……すみません。

劇場版Ⅱの『森美 咲が振り返るエデン年表』やばいです。滝咲好きさんは買うべき…! かわいー! 可愛い……(*´∀`*)
TVシリーズフィルムコミック#02まで読みました。(勿体無くて読めないんだ!)
死ぬほど萌えました。何その裏設定! これは書かねば!!
寧ろ#01~#11まで書きとおしたくなりそうでこわいです。(無謀すぎる)
フィルムコミックもぜひ買っていただきたいところです。

後輩に、『創作してる人はいいっすよね。自分にいいわけできるし』といわれました。うん、どゆこと?
『資料。って言って、自分を納得させられるじゃないっすか!』
なるほど…。まあ、そうだね。資料として無意識にカウントしてるけど…。(笑)

お付き合いしてくださった方、どうもありがとうございます。短文ですみません。
もしよろしければ、合同本のほうもご検討いただけると嬉しいです。
哀華さんはともかく、ほか、三名が素敵です…(*´∀`*)
現物見るまで内容知らないですが、素敵な滝咲に違いないです。楽しみですvv

それでは、ノブレス・オブリージュ。明日も一日、素敵な滝咲好きたらんことを。

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
マスターのこと
HN:
哀華
性別:
非公開
雑多妄想部屋。

【 推奨CP 】
東のエデン/滝沢朗×森美咲
他/男女王道CP

【 好き 】
I've Soundが大好き。特にKOTOKOちゃんらぶ。
fripSide(第一期・第二期)も好きです。naoすき。
ダークトランス系がとてもすき。
エデン影響でsfpも好き。
最新CM
(10/18)
(08/28)
(08/08)
(07/11)
(07/04)
ブログ内検索
管理者用

Copyright (c)√M*customize All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]