忍者ブログ
エデンに響き渡るのは、焦がれた声。
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■東のエデン/滝咲
※劇場版Ⅱの未公開なのにED後のお話です。ご注意ください。

ご覧になる方は、「つづきを読む」からお願いします。


ティータイム・パニック



「咲は俺でいいの?」

何でもないことのように口にしたその問いは、しかし口調とは裏腹に重みの込められたものだった。
一瞬では何のことだか分からない質問だったので、咲は小首を傾げて考え込む。
目の前の滝沢はどこか不安そうにこちらの様子を窺っていた。
珍しい顔してる、と思った。途端、そんな表情を浮かべている原因を知る。

「滝沢くん」

ふ、と微笑む。自然、肩の力は抜けていた。
テーブルを挟んで向かい合った視線の先、滝沢は表情を強張らせて彼女の唇から零れ落ちる一言さえ聞き漏らすまいとしている。
その姿が、不思議と嬉しかった。とんでもなく頼りがいのある彼が、こんなにも揺らぐのは、自分が絡んでいるからに外ならない。
なんて自惚れ、と笑ってしまうけれど、否定しきれない事実が目の前にあるのだから仕方ない。

紅茶のカップに無意味に指を滑らせて、咲はそっと囁く。

「私はね、滝沢くんがいいんだよ」
「…、」
「ほかの誰かじゃなくて、滝沢くんなの」

流石に目を見ながら言うには勇気の要る台詞で、少しくさかったかもしれない。
気恥ずかしくて火照った頬を俯いて隠す。カップをなぞる指先がほのかに温かい。
そう、最初から彼だった。それは正しく運命だった。あの時の出逢いが全てを塗り替えた。この国の空気さえも。

黙り込んだ滝沢に不安を覚え、耐え切れなくなった咲はちらりと窺うように視線を向けた。
滝沢は照れくさそうに鼻の頭を擦ると、破顔して見せた。

「やっぱり俺、たぶん誰よりも、君のことを必要としてる。咲が好きだよ。
 で、咲からこういうお誘いがあるってことは、期待してもいいってコト?」

うん、とひとり勝手に納得して頷いている。
面食らった咲が『ふぇ?』と脱力する。その目の前で彼は楽しげに笑う。
まさかこんな所でそんな告白を事もなげにやってのけるとは思わなかった咲は、ぼっ、と頬を真っ赤に染めてぱくぱくと口を開かせた。
けれど言葉は出てこない。頭の中は真っ白だ。

「咲。俺は喜んで受けさせてもらうけど?」
「う、うん…! で、も……あの、」

滝沢は笑って、テーブルの上のチケットを指す。
それは、みっちょんが抽選で当てた『一泊二日ペア旅行』のチケットだった。
彼女自身は特にそういう相手がいないので、当初は従兄妹である平澤へ譲ろうとしたのだが、平澤は『結婚前の男女が二人きりで旅行とは間違いを起こせと言っているようなものだ』と厳しい顔で突っぱねたらしい。
なにも彼女と行けと明言したわけではないのだが、その調子で断られてしまったので咲にチケットが巡ってきた。
彼女はチケットを譲ってきたみっちょんと行くことを当初は提案したらしいが、みっちょんから何か唆されたらしく、迷った挙句に滝沢へと旅行話を持ちかけていた。
思い切って誘ってみたはいいものの、何やらとんでもなく話が飛躍している気がする。
林檎のように染まった咲の顔を見て、滝沢が吹き出した。

「冗談だよ、咲。ごめん。大丈夫、そんなコトしないから」
「っ─── う、うん」

息を呑んで、何とか頷く。
焦り始めた咲が所在なさそうに目をぐるぐるさせて、真っ赤な顔のまま熱い紅茶を口に含む。それで熱が冷めるわけでもあるまいに、と滝沢は笑んで自身が注文したアイスティーをそれとなく咲へ差し出す。

「飲む? 今の咲には、こっちの方がいいんじゃない?」

それはいつも通りの彼だった。
咲はそんな彼に安堵して、同時にまた眩暈のようなものを覚える。
とくん、とくん、という心臓の音はとうに壊れてしまったのだと思い知る。
戸惑う咲に透明な氷の入ったアイスティーのコップを差し出した滝沢は、にっこりと微笑む。
さっきよりもドキドキと高鳴る鼓動を誤魔化すように、咲は大人しく紅茶のカップから指先を離し、滝沢が差し出したアイスティーのストローに口をつけた。

よく冷えたそれに、少しだけ思考がクリアになり、少し間を置いてから『あ、間接キスだ』と気付いた咲は、優しい眼差しを向けてくる滝沢から逃げるように目を逸らした。

■END

滝沢くん→咲を書いてみようと思ったのに、気が付いたら咲が翻弄されているネタになっていた…。
これではいつも通りじゃないですか。(笑) いや、滝沢くんが攻めるのはいいんですが。

つい先日、というか昨日ですが…劇場版Ⅱが公開されましたね。
物凄く見たいんですが、見たくないです。それで終わりなんて寂しいよ。
せめてOVAが出てくれればいいなあとか終結を見るよりも前から願っているんですが、
流石にそれは難しいのでしょうね…たぶん。
だってエデンは原作がアニメだから…。その後を描いてくれるか微妙だよね。
描き残したことがあるのなら、やるのかもしれないけど。ないだろう、エデンはたぶん。
時間軸的に捨てざるを得なかった部分は出てきちゃうかもしれないけど、それはDVD特典とかで追(あるならば)加されそうだし。

ともあれ、滝沢くんと咲ちゃんの幸せ、エデンメンバーの輝きある未来、そしてこの国の善き変貌を願って。

拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
マスターのこと
HN:
哀華
性別:
非公開
雑多妄想部屋。

【 推奨CP 】
東のエデン/滝沢朗×森美咲
他/男女王道CP

【 好き 】
I've Soundが大好き。特にKOTOKOちゃんらぶ。
fripSide(第一期・第二期)も好きです。naoすき。
ダークトランス系がとてもすき。
エデン影響でsfpも好き。
最新CM
(10/18)
(08/28)
(08/08)
(07/11)
(07/04)
ブログ内検索
管理者用

Copyright (c)√M*customize All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]