忍者ブログ
エデンに響き渡るのは、焦がれた声。
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■東のエデン/滝咲
※劇場版Ⅰと劇場版Ⅱの間のお話です。ご注意ください。

ご覧になる方は、「つづきを読む」からお願いします。


そして思い知る



咲の手を取って飛行機に乗り込んだはいいものの、何を話すべきか分からずに窓の外へ目を向けてしまった。
いや、分からないというのは正しくない。たぶん、記憶を取り戻したからこそ、こわかった。
滝沢 朗として咲の前に立つことに、少し勇気が要る。蘇った記憶は覚えがあるものばかりなのに、整理がつかないのは気持ちの問題だ。

重たいエンジン音を立てて飛び立つ飛行機、遠ざかる地上。
それを見下ろすふりをして、物言いたげな咲の視線を窓ガラス越しに見ていた。
目が合っている、とお互いに気が付いているのに、何も言わない。言えない。
咲の瞳が揺らいで、俯く。肩を落とした彼女の姿を目にし、滝沢は胸がくるしくなるのを感じた。

咲は、たった一人でニューヨークまで来てくれた。
半年前の、滝沢からの一方的な約束を果たす為に。
短い間に森美 咲という女の子と交わした言葉、過ごした僅かな時間、それは滝沢の胸をあたためる、大切なものに違いない。
そして彼女は今こうして傍に居る。繋いだ手は細く、抱き締めた身体は華奢だった。
探し出してくれたことに感謝を、見付け出してくれたことに愛しさを、覚える。
窓ガラスに映る咲は、躊躇いがちに視線を滝沢へ向けた。

俺なにしてんだろ、と胸中で悪態をついてから振り返る。
言葉なんて選ぶ必要はない。

「咲」

大切なのは、この想いだ。
だから、彼女の名前に全てを込めて、呼んだ。

おずおずと顔を上げて、咲は滝沢を見つめる。
その眼差しには、怯えや不安のような暗雲が消えない。
その一因に深く自分が関係していると自惚れて、滝沢は膝の上に置かれた咲の手を取った。

きょとん、とした顔で握られた手を見下ろし、慌てたように滝沢へ目を向けた咲に、滝沢は笑みを見せる。

「疲れたでしょ? 寝てもいいよ」
「…、でも」

何かを言いかけ、咲は口を噤む。
滝沢は咲の手を握って、シートへ沈む。

「大丈夫。俺は勝手に居なくならないし、着いたら起こすよ」

ぎゅ、と手を握る。

─── 此処に居るよ。君の傍に。

それは言葉にはできない、精一杯のメッセージだった。
レイトショーの夜に、確かに自分は咲を劇場に残してしまった。あれはNo.04のセレソンと対峙し、気絶させられていたのだからどうしよもなかったけれど、咲がそれを知る筈もないし、ずっと知らないままでいいとも思う。
咲は、再び自分が消えてしまうことを恐れている。それは、あのレイトショーの夜に起きた出来事が原因だろう。
咲が持つ傷痕を思うと、想いを言葉にはできなかった。

見つめた先で、咲は少し迷った後、滝沢の手を握り返した。

「…うん。滝沢くんも疲れてるよね」
「まあ、ちょっとは」
「そっか。…じゃあ、ちょっと休ませてもらっても、いい?」
「ああ、そうしなよ」
「うん、ありがとう。でも、あの…ひとつだけ」
「? なに?」

お互いに休息を取ることを了承する。
咲は滝沢を見つめると、躊躇いを見せてから、言った。

「肩、借りてもいい?」

上目遣いで、やや頬を赤らめて、必死にそんなことを願う咲が、いじらしい。
考えなければいけないことは山ほどある筈なのに、それが全部どうでもよくなるほど、滝沢の胸には愛しさが押し寄せた。
ああ、俺は咲が好きなんだ─── 記憶を取り戻してから初めて自覚したそれは、すんなりと滝沢の胸に染み渡り、ふわふわと彼を包んだ。
耳に届いたその声は優しく、向けられる想いがくすぐったくて、照れくさい。
ぱちり、と咲が瞬く。切なく揺れる瞳に自分が映った気がして、滝沢は胸が高鳴るのを感じる。
自分を落ち着ける為にもゆっくりと頷いて、滝沢は咲が眠りやすいように身を寄せた。

「いくらでもどうぞ」

何とか小さく笑いかけると、咲は逃げるように俯く。
けれども繋いだ手は離さずに、そっと滝沢の肩へ頭を乗せた。
それが安心するのだろうか。何となく、滝沢は咲の頭を撫でた。

すぐ傍で、息を呑んだ気配がして。
滝沢くん、と。切なげな吐息が耳元に届いて、滝沢はどきどきした。

今だけは。
考え事を、放り出して。
咲の手の温もりと、咲の重みだけを感じて、滝沢は目を閉じた。

■END

最後まで、いいタイトルが思いつきませんでした…。
素敵なタイトルをください。センスのあるタイトルを。
哀華さんはセンスがないので、いつもタイトルに悩みます。

ともあれ、意外と書いてない滝沢→咲なお話。
私はそれが見たいのですが、エデンは全キャラ好きすぎて、いろいろコンビとしての組み合わせが豊富で困ります。
飛行機の中でどんな会話したんだろう。すぐに眠ってしまったわけじゃないと思うのですが…。

滝咲が可愛くて何だか死にそうです。哀華さんはとても不器用な人間なので、愛でるものが複数ある今の事態に大変混乱しています。
…TOS/ロイコレ、東のエデン/滝咲、どっちも可愛くて愛でたくて、大好きで。時間が足らなくて悔しい。私が二人いればいいのに、と本当にそう思う。書く為だけに分裂したかった。

と、わけのわからないコメントはさておき、読んでくれてありがとうございました!
滝咲がとんでもなく可愛い。もう、ほんと、同人誌とか出しちゃいたいくらい。(←出したことないのに…)

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
マスターのこと
HN:
哀華
性別:
非公開
雑多妄想部屋。

【 推奨CP 】
東のエデン/滝沢朗×森美咲
他/男女王道CP

【 好き 】
I've Soundが大好き。特にKOTOKOちゃんらぶ。
fripSide(第一期・第二期)も好きです。naoすき。
ダークトランス系がとてもすき。
エデン影響でsfpも好き。
最新CM
(10/18)
(08/28)
(08/08)
(07/11)
(07/04)
ブログ内検索
管理者用

Copyright (c)√M*customize All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]